秘密を知って活用

その価格についての落とし穴

ダイニングキッチン

自己所有の不動産を売却する必要が出てきた場合に、安易に売却を決めるのではなくある程度勉強をして知識を身に付けたあとに売却をするべきです。それは決して安い物ではないからです。後で「あの時もっと勉強をしておけばよかった」と後悔する前にまずは最低限の知識を身にてつけておくべきなのです。 例えば、不動産の査定について知っておきたいことはその種類についてです。 不動産を査定する場合は2種類あります。一つが簡易査定というものです。不動産としてマンションを所有している場合、インターネットでそのマンションの査定額がわかります。この場合はその建物の大きさや築年数などで判断します。これに対して実査定というものもあります。実査定は実際に不動産会社の人に来てもらい査定をしてもらう方法です。

意外に知られていない査定額のヒミツ

査定の順番は、最初に簡易査定をおこない、その後実査定をおこなうのが普通です。簡易査定はすっ飛ばしていきなり実査定をおこなってもいいでしょう。 では、数社の不動産会社に査定を依頼して査定額が出たとします。その時には大抵その不動産会社も査定額が同じにはなりません。A社2000万円、B社2100万円、C社2300万円という感じでバラバラになるのが普通です。この場合、多くの人は一番高い額を提示したC社を選ぶに違いありません。自分の所有する建物はできるだけ高く買ってほしいからです。 でも、実際はどの会社に依頼しても大して結果は変わらないのです。では、C社はなぜ査定額を高めに設定してあるのでしょうか。それは、自社でその物件を扱いたいからです。高く売れる自信があるからというわけではないことが多いのです。